1. Facebook
  2. Twitter
  3. Instagram

EXHIBITIONS

永井天陽 個展「フープとホール」 永井天陽 個展「フープとホール」

永井天陽 個展 「フープとホール」

この度、THE POOLでは、永井天陽(ながい そらや)の個展 「フープとホール」を開催いたします。

中国地方では初となる本展では、身近にある既製品などのモチーフを透明アクリルで真空成形し、その型の中に異質なモチーフを封入することで互いの特性を曖昧にしてみせる彫刻作品「metaraction」シリーズを中心に、同シリーズの新作を含めて構成したものとなっており、永井のこれまでの作品群を一挙に鑑賞できる空間となっています。
日常が非日常となりつつあり、新たな価値観や常識について再考する今、軽やかで研ぎ澄まされた表現手法により、鑑賞者にこれからの視座の在り所を問いかける永井天陽の個展「フープとホール」にご期待ください。

 

 

 

【作家ステートメント】

 

日常のすぐ外側は、まるで夜の海のよう。

口を開いた大穴を眺めているようで、漆黒の波のまにまにポツリと浮かんでいるような、浅くて深い恐怖が広がっているように感じます。

私は身近な疑問やその不安定さをきっかけに、少しのばかばかしさも残しつつ、制作行為や作品に変換しています。

そうしてまだ誰も見たことがないような、そんな存在を作り出したいです。

永井天陽

 【作家略歴】

永井天陽 / Solaya Nagai

 

1991年  埼玉県飯能市生まれ

2014年  武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2016年  武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了

 

https://www.solayanagai.com/

 

 

【主な展覧会歴】

 

〈個展〉

2014年  八角堂プロジェクト PHASE2014 Part3「北に歩いて南へ向かう」青森県立美術館 (青森)

2015年  「いつかのニュース」 gallery blanka (名古屋)

2017年  「おおきなささやき」HARMAS GALLERY (東京)

 

 

〈グループ展〉

2014年  大学院彫刻コース選抜展「線を積む | Piling Lines」武蔵野美術大学 FAL (東京)

2015年  藤本美穂・永井天陽二人展「BURR」Grill Gallery (東京)

「彫刻と対話法」府中市美術館 市民ギャラリー(東京)

「ISETAN ART & CREATION FESTA 2015」 新宿伊勢丹本館(東京)

「3/2,4」Bambinart Gallery(東京) 2016年

「根と路 – rootsʼ n routes – 」遊美工房 (倉敷)

SUPER OPEN STUDIO「SOMETHINKS」アートラボはしもと(東京)

2017年  日本文化藝術財団「杜の中の文化祭 2017 CAC」

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパス(東京)

2018年  「ART NAGOYA 2018」ホテルナゴヤキャッスル(名古屋)

熊倉涼子・永井天陽二人展「DI-VISION/0」TAV GALLERY (東京)

 

 

〈受賞歴〉

2014年    清水多嘉示賞 受賞

2015年    日本文化藝術財団 平成 26 年度日本文化藝術奨学金 受給

2018年    日本文化藝術財団 25 周年記念助成 受給

 

 

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

【感染拡大防止の対策について】

ご来場にあたり、次のご協力をお願いしております。
・少人数でのご来廊
・建物内でのマスク着用
・入り口に設置したアルコールでの消毒

入場制限(同時入場は3名まで)を行なっております。
以下の症状がある方はご来場をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・37度以上の発熱がある方
・風邪の症状(発熱、せき、くしゃみ、喉の痛みなど)がある方
・新型コロナウイルスと診断された、および診断された方と接触したことがある方
・その他、体調に不安がある方

 

在廊スタッフも、マスクの着用、換気、消毒など適切な感染防止策を徹底しております。

ご無理のない範囲で、ご来場いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

協力:HARMAS GALLERY

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

 

【 ONLINE EVENT 】

 

永井天陽 個展 「フープとホール」の開催にあわせ、オンライントークイベントを開催いたします。

※YouTube配信から変更となりました。

 

 

【トークゲスト】

 

菅亮平氏(美術作家 / 広島市立大学 芸術学部 講師)

 

1983年 愛媛県生まれ、2020年現在広島県広島市在住。

2016年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了、博士号(美術)取得。

 

ミュンヘン国立造形美術アカデミーのグレゴール・シュナイダー教室に在籍、同アカデミーを修了し、フローリアン・プムへスル教授のもとでマイスターシューラー号を取得。

 

主な個展に、「Cube with Eye」(スイッチ・ポイント / 東京 / 2019年)、「As you see it」(ヤマモト・ケイコ・ロシェックス / ロンドン / 2019年)、「In the Walls」(資生堂ギャラリー / 東京 / 2017年)、「Room A.EG_05」 (ミュンヘン国立造形美術アカデミー / ミュンヘン / 2014年)、「White Cube」(トーキョー・ワンダー・サイト / 東京 / 2013年)など。

https://ryoheikan.com/

 

 

 

永井天陽 (彫刻家)
1991年  埼玉県飯能市生まれ
2014年  武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
2016年  武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了

 

主な個展に、八角堂プロジェクト PHASE2014 Part3「北に歩いて南へ向かう」(青森県立美術館 / 青森 / 2014年)、「いつかのニュース」(gallery blanka / 名古屋 / 2015年)、「おおきなささやき」( HARMAS GALLERY / 東京 / 2017年)

 

 

モデレータ:香村ひとみ(THE POOL ディレクター)

 

【視聴方法】

下記のpeatixイベントページのフォームより申し込みをお願いいたします。

https://peatix.com/event/create2/1839926/edit#/advanced

 

【開催日時】3月20日(土)19:00〜20:00

【料金】無料

 

【開催時期】2021年3月20日(月)19:00-20:00

●オンラインライブ配信(Zoom)※YouTube配信から変更となりました。
※イベント終了後、アーカイブ配信を予定しております。
※配信準備のため、イベント終了後、すぐに配信はしておりません。
※準備が出来次第、お申し込みいただいた皆様へご連絡させていただきます。

 

 

〈オンライン配信参加につきまして〉
Zoomにてライブ配信をいたします。
ご覧いただくには、インターネット環境が必要です。

※ イベントはPC、スマホ、タブレットからご視聴可能です。
※ 本イベントはライブ配信イベントです。録音録画はご遠慮願います。
※ 今回ご利用いただいたメールアドレス、お名前を他に使用することはございませんので、ご安心ください。
※ 配信のURLとご案内は、順次メールでお送りいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※ URLの共有、第三者への譲渡はご遠慮ください。

 

 

 

【参加条件】
・Zoomより視聴:無料
※Peatixで取得したお客様の個人情報は、本イベントへお申し込み頂いた方へのアーカイブにのみ使用し、それ以外での使用は行いません。
個人情報のお取り扱いについてご同意の上、お申込み下さい。