1. Facebook
  2. Twitter
  3. Instagram

EXHIBITIONS

黒田大スケ|不在の彫刻史3

THE POOLでは2022年1月10日〔月〕– 1月28日 〔金〕まで、黒田大スケの個展「不在の彫刻史 3」を開催いたします。

 

黒田大スケは1982年京都府生まれ。広島で彫刻を学び、主には公共彫刻のリサーチを通じて、社会の中に佇み忘れられ無視された幽霊のような存在を見出し、ビデオやインスタレーションを中心とした作品を発表してきました。

 

本個展は、長年黒田が取り組んできたリサーチと制作による「不在の彫刻」シリーズの第3弾。広島市内に点在する公共彫刻(失われたものも含めて)をリサーチし、セレクトした作家を自身に憑依させる手法で記録した即興での独り語りの映像作品やドローイングと立体作品で構成されます。

「彫刻とは何か」という普遍的な問いそのものを見つめ直す試みです。

 


 

黒田 大スケ
1982年京都府生まれ。

2013年広島市立大学大学院総合造形芸術専攻(彫刻)修了。橋本平八「石に就て」の研究で博士号取得。
2019年文化庁新進芸術家海外研修制度で渡米。帰国後、関西を中心に活動している。
社会の中で、認識されているが無視され隠されている「見えない幽霊」のような存在に注目し、彼らの眼差しを示し存在に姿を与えるように作品を制作している。
近年は自身が学んだ彫刻についてリサーチし、特定の彫刻作品やその作者について即興で演じることで、自身に亡霊の如く染み付いた無意識下の「彫刻」的なものをフィクショナルにエクトプラズムの如く取り出す手法で作品制作に取り組み、それらを配置することで「不在の彫刻史」を空想的に編むことを試みている。
個人での活動の他に、アーティストコレクティブ「チームやめよう」の主宰や、展覧会の企画なども手がける。

 

 

主な近年の展覧会

「対馬アートファンタジア2020-21」対馬市, 長崎(2021)
個展「祝祭の気配」トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー, 東京(2021)「未然のライシテ、どげざの目線」京都芸術センター(2021)
個展「不在の彫刻史2」3331 Arts Chiyoda, 東京(2019)
「瀬戸内国際芸術祭2016」小豆島旧三都小学校, 香川(2016)
など。

黒田 大スケ Webサイト

 


 

黒田大スケ|不在の彫刻史3

会期:2022年1月10日〔月〕ー 1月28日 〔金〕

(1月10日のみ、月曜OPEN)

開廊:火 – 土 14時  –  19時

休廊:日・月・祝

企画・会場:THE POOL (広島県広島市中区東千田町2丁目13-18)